マイクラス

IT導入補助金の活用なら
マイクラス

ネット予約を導入したいけれど予算が…そんなスクール運営者の皆様、「IT導入補助金」活用してみませんか?

スクール管理・予約システムの構築費、補助額最大450万円!(補助率3/4)※IT導入補助金2020特別枠の最大補助金額

スクール管理システム「マイクラス」の中小企業向け申請サポート

2020年 IT導入補助金について

IT導入補助金とは?

経済産業省の「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」は、中小企業・小規模事業者等の皆様が、自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、皆様の業務効率化・売上アップをサポートする公的な補助金です。

補助対象者は?

中小企業(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

補助金対象サービスは?

ソフトウエア費、導入関連費等

補助金額はどれぐらい?

上限450万円、下限30万円。交付には60万円以上の補助金対象サービスの購入が必要です。

申請の流れ

IT導入補助金の内容の理解

ご要件の確認及びお見積り算出

  • ご要件を元にお見積り作成。運用内容と弊社システムがFitするかのご確認。※弊社対応

gBizIDの取得

  • gBizIDプライムアカウントを取得。

交付申請

  • 弊社より交付申請ページへの招待メール送信。画面に従い情報の登録。※一部弊社対応

交付決定待ち

導入作業開始

  • 実際の導入作業を実施。※弊社対応

納品およびお支払 ※弊社対応

事業完了報告書提出

補助金の振込


※弊社対応 の項目は弊社側で作業させていただきますが、基本的には貴社ご担当者様にてご対応いただく必要がございます。ご承知おきください。

補助金活用の4ステップ

  • ステップ 1

    補助金スケジュールを確認

管理者様の声
講座の予約管理やキャンセルなど、電話や手作業はもう限界。
ネットで講座予約受付からキャンセルまで管理ができるシステムを導入したいけれど、毎年使える予算は限られているから、大きな投資は無理。
中小企業がシステム導入するための補助金があるらしいのだけれど、詳しくは良くわからない。
ウチは補助金の対象になるのかな?
使える補助金があるなら申請したいけれど、どうやって申請すれば良いのかわからない。そもそもどれだけ支援してもらえるのか?
補助金制度って、わからないこと多いですよね。マイクラスならそのお悩み、解決できるかも。
  • まずはスケジュール確認!

 IT補助金を活用するには、まずは申請から交付までのスケジュール確認が大切。交付決定前に実施してしまうと補助金の対象外となりますので注意が必要です。

「IT導入補助金2020」の現時点での締切(7次締切)は「2020年8月31日(月)17:00まで」となっています。

今すぐ準備を始めましょう!
貴重な補助金を最大限活用するために、計画的にしっかり準備を進めましょう!

ウチも申請できるかな?(今すぐ準備!)

  • ステップ 2

    申請のための資格・要件を確認

管理者様の声
新システム導入のために、ぜひとも補助金を活用したい。補助金があれば何とかシステム導入できるかも…。とはいえ、補助金っていくら出してもらえるんだろう? まるごと全額出してくれるわけじゃないだろうし、そもそもウチは補助金の対象になっているのかな? 補助金の内容や条件は年度によって異なるみたいだけど、およその見通しだけでも誰か教えてくれないかな?
補助金があるのはわかったけれど、毎年内容が異なるらしい。
今回の補助金はウチも補助金の対象になるのかな?
もらえる見込みがあるなら検討を始めたいのだけれど…。
  • 資格や要件についてチェック!

 「IT導入補助金2020」の交付対象は、昨年と同様「中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)」とされ、さらに資本金や従業員数等の条件がありますが、多くの中小企業が条件に適合するはず。なお、補助の対象となる費用に制限がありますので、あらかじめ条件をチェックしておきましょう。

「IT導入補助金2020」の条件を確認!
補助金の対象となるのは、あらかじめ公表された「ITツール」のソフトウエア費、導入関連費のみ。ハードウェア代金や大幅なカスタマイズ費用は補助金の対象外となります。
補助率は最大で支出費用の1/2(※特別枠は3/4)までですが、上限で450万円まで交付される可能性があります。条件に適合するなら「使わない」選択はありませんよね?
もしかするとウチでも使えるかも?

  • ステップ 3

    IT導入支援事業者とともに申請

管理者様の声
条件を検討してみると、ウチのスクールだったら補助金活用できそう。今から準備すればなんとか申請タイミングも逃さずに済みそう。でも、肝心のITツール選びや、導入を支援してくれる会社をどうやって選んだらいいの? 補助金を申請するにはツールも事業者も決めておかなくちゃいけないらしい。ノウハウも予算も乏しいウチのスクールを手伝ってくれる事業者はあるのかな?
補助金活用できそう!とわかっても、実際に導入するには検討事項が山盛り…
導入支援をお願いしなきゃいけないけど、沢山のツールや事業者から、そもそもどうやって選んでいいのかわからない。どうする?
  • 稼働実績で選べばマイクラス

 そもそもツールに関する知識や検討の時間も無いのに、限られた時間で導入するなら、評判や実績を頼りに「安心」できるツールを選ぶのが現実的。
スクール管理システムとして大手カルチャースクールで10年以上の稼働実績のある「マイクラス」なら、ちょっとは「安心」できるかも。
大手スクールで10年以上稼働実績のある「マイクラス」なら、システム投資不要のクラウドサービスも提供しています。

ツール導入でどんなことができるのか、豊富な導入経験を持つコンサルタントに相談してみませんか?

せっかくだから検討してみる?

  • ステップ 4

    交付決定~システムの導入・稼働

管理者様の声
補助金の交付が決まったら、あとは導入支援事業者といっしょにシステム稼働のための準備を進めるだけ。よかった、よかった。と安心していたのに、システム導入が決まったら、今度は会計システムと連携が必要とか、さらに活用するためにカスタマイズしたいとか、いろいろリクエストが飛んできた。どうすりゃいいんだろ?
これってうれしい悲鳴?
補助金を使ってツールを導入したけれど、使いこなせなくて後から後悔… なんて事態は避けたいですよね。システム導入はゴールではなくスタートだから、導入後のサポートがしっかりしたツールと会社を選ばないと。
  • 導入後のサポートも大事!

 補助金活用は目的でなく、あくまでスクール発展の一助のはず。システムを導入したら、さらに次のステップに関する要望が出てくるもの。その時になって何も変えられず「使い捨て」になるようなシステムじゃ困りますよね。
マイクラスは技術力に定評のあるシステム会社の製品だから、将来のカスタマイズにもきっちり対応できます。
補助金のためだけでない、導入した「その後」も安心の定番「スクール管理システム」なら…
「マイクラス」はスクール事業に必要な機能が「全部入り」のオールインワン。カスタマイズしなくてもほとんどの業務にそのまま活用いただけます。管理に必要なのはネットにつながったパソコンやタブレットだけ。全国どこからでも、自宅からでも外出先でもいつでも管理画面にアクセスできます。
複数の担当者が全国から自由にアクセスして作業分担も可能。面倒な作業は安心のシステムにまるごとお任せして、空いた時間はスクールの魅力アップにつなげちゃいましょう。
安心のシステムでラクラク?